ギリシャ暦

ギリシャ暦

[1] ギリシャ暦は、かつてギリシャで用いられた太陰太陽暦でした。

[2] 元々はユダヤ暦とほとんど同じものでしたが、 年始夏至付近としていました。 >>3

置閏法

[12] ギリシャ暦比較 >>3
t
種別
y
年数
m
月数
d
日数
s
太陽年
n
太陰月
t
八年法(1)
y
8
m
99
d
2920.5
s
365.0625
n
29.50000
t
八年法(2)
y
8
m
99
d
2922.0
s
365.2500
n
29.51519
t
八年法(3)
y
8
m
99
d
2923.5
s
365.4375
n
29.53030
t
メトン法
y
19
m
235
d
6940.0
s
365.2632
n
29.53192
t
カリポス法
y
76
m
940
d
27759.0
s
365.2500
n
29.53085
t
ヒパルコス法
y
304
m
93760
d
111035.0
s
365.2467
n
29.53059

八年法

[4] 八年法 (Oktaeteris) は、 最古のもので、 8年に3回閏月を置いていました。 >>3

[5] 当初は全日数を3902日半、 次に2922日、 その後2923日版とするようになりました。 >>3

メトン法

[6] メトン法は、西暦紀元前433年にMeton (メトン) が発明したといわれます。 >>3

メトン周期も参照。

[7] 19年に7回の閏月を置き、全日数を6940日としていました。 >>3

カリポス法

[8] カリポス法は、西暦紀元前334年に Kalippos (カリポス) (Callipus) が発明したものといいます。 >>3

[9] 19 × 4 = 76年を循環期とし、 との関係はメトン法同様とし、 全日数を693934日としていました。 >>3

[10] 西暦紀元前125年頃、ヒパルコスが精密に測定して304年の循環期を求めた (ヒパルコス法) ものの、 年数が多くて実施されなかったといいます。 >>3

改暦

[11] 詳細不明ながらも西暦6世紀頃にユリウス暦改暦されたといわれています。 >>3

[13] 現代ギリシャについては、暦法改良案参照。

メモ

[3] 暦法及時法