インド暦

インド暦

[2] 紀元前1世紀以後インドで用いられています。 おおよそ中国式太陰太陽暦と似たもので、 太陽黄道十二宮に入る時期を求め、 いずれにも当たらないものを閏月とし、 複数含まれる時は前者を月名とし、後者は使いません。 暦法及時法

[3] を月初とするものと、を月初とするものがあります。 暦法及時法

[4] 1太陰月 = 29.5306日はかなり正確ですが、 1太陽年 = 365.25875日で60年に1日ほどの差が生じます。 暦法及時法

[5] 年始春分近くとするものと、その7ヶ月後とするものがあります。 暦法及時法

[1] ヒンドゥー暦 - Wikipedia () <https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%BC%E6%9A%A6>

インドにはヒンドゥー教などで現在も使用される太陰太陽暦の暦が数多くあり、これらの暦のことを指してヒンドゥー暦(インド暦)と呼称する場合がある。これらの暦には地方によって呼び方や年数まで異なるものもある。ヒンドゥー暦といった場合、ここでいう国定暦のことを指しているのかそのほかの暦のことを指しているのか判断を要する。