~

~ (選択子)

[2] 一般兄弟結合子 (general sibling combinator) (~) は、 前の単純選択子列によって表される要素である、 後の単純選択子列によって表される要素を表す兄弟結合子です。

仕様書

意味

[3] 一般兄弟結合子は、前後2つの単純選択子列で表される要素が同じを持ち、 最初の要素の後に2つ目の要素があることを表しています。 >>1 隣接兄弟結合子とは違って、直後にある必要はありません。

[5] 文書木実体参照展開した状態で表現されるので、「同じ」の判定は実体参照節点を無視して行われます。

構文

[6] 一般兄弟結合子の前後には空白を挿入できます。

歴史

/ ... /

[8] STTS2 や初期の CSS2 では DIV /IMG UL/ のような構文が提案されていました。

[10] DIV /IMG ~ UL/隣接兄弟結合子の意味なので、現在と ~ の意味が逆転しています。

-

[13] STTS3 では一般兄弟結合子- で表していました。 (間接隣接結合子 (indirect adjacent combinator) と呼ばれていました。)

~

[11] 選択子3の最初の公開案 >>14~間接隣接結合子として追加されました。

[18] >>17 で名称が変更されて、一般兄弟結合子となりました。

XBL2

[16] XBL2影木との関係を規定していました。

[7] 選択子 h1 ~ emh1 要素弟要素である em 要素を表します。間に他の要素テキスト注釈が挟まっていても構いません。