PEM

PEM (電子メール)

[10] PEM は、インターネット電子メール暗号化署名についての仕様でした。 PEM は失敗に終わり現在では使われていませんが、要素技術の幾つかは現在でも使われています。

プロトコル

[17] 「外側」の RFC 822 メッセージに、暗号化署名が適用されたデータを含む 「内側」のメッセージを埋め込む形になっています。この埋め込み方法は RFC 934 に沿ったものです。

[19] 「内側」もヘッダー本体に分かれています。

[20] 本体のバイナリーデータの符号化方式は、後に Base64 と呼ばれることになるものです。

[16] 次の項目も参照。

歴史

第1世代

第2世代

第3世代

第4世代

HTTP への組み込み

[18] HTTP での利用も提案されていました。 HTTP auth-scheme PEM が使われていました。

[2] NCSA httpd/Mosaic: Using PGP/PEM auth ( ( 版)) <http://www.meb.uni-bonn.de/docs/PEMPGP.html#protocol>

[5] >>4 のリンク先はおそらく >>2 (のオリジナル) と思われます。

その後

[1] PEM っていまだに IETF Proposed Standard だったのか。 MIME のときに PEM の失敗を認めたのではなかったの? (名無しさん 2004-07-12 08:42:19 +00:00)

関連

[11] 電子メールへのデータの埋め込み方式は MIME および Base64 へ、 電子メールにおける署名暗号化S/MIME へ、 証明書の取り扱いは PKIX へと引き継がれています。

[21] RFC 1113 - Privacy enhancement for Internet electronic mail: Part I - message encipherment and authentication procedures ( 版) <http://tools.ietf.org/html/rfc1113#section-4.3>