負 (数学)

[1] よりも小さな実数 () (negative) であると言います。 である数は負の数、あるいは単に負数 (ふすう) (negative number) といいます。

記号

[3] 負数は、絶対値が等しいの前に記号-」 (MINUS SIGN) を置いて表記されます。

[5] を使うこともあります。

特殊例

[4] が特別な意味を持つ例

関連

[2] とは逆によりも大きな実数と呼ばれます。