宣統

宣統

[1] 宣統 - Wikipedia () <https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%A3%E7%B5%B1>

紫禁城内では宣統元号が使われ続けていたほか、清朝に忠誠を続ける各地の遺臣や復辟派は民国の年号を嫌い宣統の年号を使用し続けていた。また1917年には張勲復辟により皇帝に復位する事件も発生している。このため、この頃編纂が行われていた『清史稿』では、中華民国成立後の記事に関しても「民国」ではなく「宣統」が使われている。この措置に対して、中国国民党をはじめとする共和派は、激しく反発していた。

しかし、第二次奉直戦争の最中であった1924年10月、馮玉祥による突然の北京における首都革命で清室「優待条件修正案」の突き付けにより溥儀は皇帝の尊号を廃され、元号の使用も違法とされた。