ESCAPE

ESCAPE (制御文字)

[4]

名前
ESCAPE
略号
ESC
日本語通用名称
エスケープ JIS X 0202:1998, JIS X 0201:1997
符号化表現
01/11 (ISO/IEC 2022)

[3]

6.2.2 ESCAPE (エスケープ) 文字

名前 : ESCAPE (エスケープ) 略号 : ESC 符号化表現 : 01/11

ESCAPE は、符号拡張の目的で使用する制御文字とする。 CCデータ要素の中で、この後に続く限られた数のビット組合せの意味を変更する。 これらのビット組合せは、選考する ESC表現するビット組合せとともに、エスケープシーケンスを構成する。

エスケープシーケンスは、符号識別機能及び一部の制御機能符号化表現を提供する。 エスケープシーケンスの各種の用法は、 13. で規定する。 符号識別機能は、 14. 及び 15. で規定する。 JIS X 0202:1998

[1] ISO/IEC 2022 の環境では、 ESCAPE は3つある固定符号化文字の1つです。ビット組合せ 01/11符号位置的には CL の一部ですが、どんな基本制御文字集合 (C0文字集合) が指示されていても (何も指示されていなくても) 01/11 は常に ESCAPE表現します JIS X 0202:1998 8.5.1, 9.5.1

\e (プログラミング言語)

[2] プログラム言語などでは、しばしば \e文字 ESCAPE またはバイト 0x1B を表します。