メール本文

メール本文

[1] インターネットメールメール本文は、 歴史的な経緯と慣習から、単なる平文ではなく一定の曖昧な構造を持ったテキストファイルとなっています。

MIME 型

[2] インターネットメールメッセージ形式 (RFC 822) には元々メッセージ本体の形式を記述する方法がありませんでしたが、 後から MIME が導入された時、 Content-Type の省略は text/plain とみなすと規定されました。

[3] 暗示的 text/plainメール本文は、純粋な意味の平文ではなく、 色々な慣習が反映されたものとなっています。

[4] そうした慣習MIME により明示的に text/plainContent-Type ヘッダーが指定されるようになってからも引き継がれています。

format=flowed

引用文

[6] MUA によっては引用の部分や、引用と明示されていなくても返信元メールと一致している部分は省略して表示する機能を有していることがあります。

署名

自動リンク

[7] URLドメイン名メッセージID電話番号ニュースグループ名といった文字列を抽出して自動リンクする場合があります。

行長制限

[8] かつてはインターネットメールの表示画面の1に表示できる文字数に制限があり、 利用者はその範囲内で改行しなければならないと考えられていました。

[9] 現在でもその名残でメールの文章を改行する人もいますが、少なくなってきています。

[10] MUA はこれを適当に解釈して画面上に綺麗に表示することがあります。 format=flowed はそれを機械的に実行する方法を定めています。

添付データ

[18] uuencode などで添付ファイル符号化して本体に含めることがよくありました。

[19] PGP などの電子署名ASCII Armor として本体に含めることがよくありました。