聖日

聖日

[7] 聖日 (せいび) は、 日本の私年号です。 神示教会記念日であり、 およびその元年とする紀年法として使われているようです。

[8] 教団では日本の元号と併用しているようです。 Webサイトや機関紙で 「平成26年(聖日28年)」 のように併記されています。 日本の元号だけしか表示されないことも多いようです。

[14] 昭和62年が第1年とされますが、いつから使い始めたのかは不明です。

[11] 現在も継続して利用中とみられ、 の用例まで確認できます。

[15] 教団の Webサイトなどで利用を確認できます。 ブログSNS などの一般教徒の用例は確認できません。

[16] 信者数は約80万人とされますが、実数は不明です。 Webサイトの状況からは、 信者も本紀年法をあまり使っていないように思われます。

[1] 神示教会の歴史> ( 版) http://www.shinjikyoukai.jp/goannai3_2.html (消滅確認 )

昭和62年11月15日、神は供丸姫先生が神の運命を持たれる事実を明かされ、その日を「聖日」とされました。

[2] 友輪 平成28年(聖日30年) 1月1日 金曜日 284号 ( 版) http://www.shinjikyoukai.jp/yuuwa/pdf/284_1.pdf

平成二十八年、神示教会の暦でいえば聖日三十年。供丸姫先生のご正体が、神そのものの存在、神魂と明かされた聖日を紀元として、数えてもう三十年です。

[3] 偉光会館予定表 ( 版) http://www.shinjikyoukai.jp/yotei_hyou/yhy/yhy_3_4.html

 このページでは、平成26年(聖日28年)7月~8月の偉光会館行事のご案内をご覧いただくことができます。

[4] 大山ねずの命神示教会公式サイト (大山ねずの命神示教会神総本部編集部 著, 版) http://www.shinjikyoukai.jp/index.html

Copyright© 2002-2016 Oyamanezunomikoto Shinji Kyoukai All Rights Reserved.

[5] 30代、40代、50代 偉光郷研修会 ( 版) http://www.shinjikyoukai.jp/news/30_50kennsyuu.html (消滅確認 )

[6] 大山ねずの命神示教会 - Wikipedia ( 版) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B1%B1%E3%81%AD%E3%81%9A%E3%81%AE%E5%91%BD%E7%A5%9E%E7%A4%BA%E6%95%99%E4%BC%9A

この昭和62年11月15日は聖なる日、聖日(せいび)とされ、この年を聖日元年とする独自の教会歴が制定された。

[9] 大山ねずの命神示教会公式サイト (大山ねずの命神示教会著, ) https://shinjikyoukai.jp/

・〈お知らせ〉令和2年神示教会カレンダーのご案内(1.8.1更新)New

1 とは
[10] 開門時間のご案内 | 大山ねずの命神示教会 () https://shinjikyoukai.jp/annualevent/schedule.html

令和元年8月

[12] 光寿信者参拝時 一年の御礼を神に、先祖に | 大山ねずの命神示教会 () https://shinjikyoukai.jp/30koujusinjasannpai/index.html

平成30年(聖日32年) 光寿信者参拝時 9月23日~11月15日

[13] 味わった喜びに 高まる報恩の思いー家族で神に御礼をー () https://shinjikyoukai.jp/2019kouju/pdf/2019koujushinjasannpaizi.pdf

令和元年(聖日33 年)9月23日~11月15日