短縮URL

短縮URL

[3] 短縮URLは、本来の URL へのリダイレクトを短い URL で提供する Webサービスです。

[10] Twitter が流行した2010年頃に多くの短縮URLサービスが作られました。 しかし Twitter 公式の t.co が自動的に用いられるようになったため、 ブームは去りました。

利点

[9] Twitter のような文字数制限の厳しいサービスで URL をやり取りせざるを得ない場合や、印刷物等で URL 入力に人間が介在する場合など、短い URL であることが望まれる場合に、 本来のWebサーバー側に変更を加えることなくこれを実現できます。

欠点

[11] 元の URL が隠れてしまいます。そのため、

[14] Twitter などでやり取りされる URL のほとんどは、 しばらく時間が経ったら使われなくなることでしょう。 実際サービス停止する事業者は言い分としてアクセス数の減少を挙げていたりします >>8。しかし、 URL の寿命を第三者が勝手に決められるのはおかしな話ですし (昔のことを振り返ることすらできなくなるというのはひどいことです)、 アクセス数が少なければ参照先が見れなくても良いというものでもないでしょう (大企業運営の人気サイト以外なくなっても問題ないというようなものです)。 短縮URL提供事業者は利用者コンテンツを接続するという重要な社会的ミッションを (勝手に) 背負ってしまっているのですが、 どうせ何も考えずに流行りにのって参入してから重責に耐えられず後悔しているのでしょう。 そしてそんな杜撰なサービス運営者を見破れなかった哀れな利用者とその周辺の一般人が不利益を被るわけです。

短縮URLサービス

[4] 短縮URLサービス

プロトコル

[17] 短縮URLを予め当該文書中に示す方法がいくつか提案されました。

[18] それほど需要もなかったのでしょう、いずれの方法も普及しませんでした。

rev=canonical

[7] rev=canonical が提案されたこともありました。 rev=canonical 参照。

rel=shorturl

関連

[22] 目的は異なりますが同種のものとして PURL がありました。

メモ

[1] URL貼っただけで逮捕とか物騒な世の中ですね…! - ぼくはまちちゃん!(Hatena) ( 版) <http://d.hatena.ne.jp/Hamachiya2/20090711/timerurl>

[2] 短縮URL、サービス終了後も使えるように――ディレクトリサービス始動へ - ITmedia News ( 版) <http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0908/18/news030.html>

[8] 【やじうまWatch】 その数なんと約880万件、URL短縮サービス終了により発行済みの短縮URLがすべて無効化 - INTERNET Watch (株式会社インプレス著, ) <http://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/1081357.html>

これはpixivが運営していた短縮URLサービス「p.tl」で、9月29日(金)の12時をもってサービスを終了することが告知されたのだが、新規の受付を停止するだけでなく、これまでに発行された短縮URLが上記期日をもってリンク切れになるというもの。