SOAPAction:

SOAPAction:

[6] SOAPAction: は、 SOAP 1.1 が使っていた HTTPヘッダーでした。

[3] Simple Object Access Protocol (SOAP) 1.1 ( 版) <http://www.w3.org/TR/2000/NOTE-SOAP-20000508/#_Toc478383528>

[4] SOAP1.1と1.2の仕様の違いにハマる | Oreradio.memo () <http://www.oreradio.com/2012/07/19.php>

SOAP1.1の場合

POST /api/ HTTP/1.1

Content-Type: text/xml; Charset=UTF-8

SOAPAction: “http://example.com/api/InterfaceA”

SOAP1.2の場合

POST /api/ HTTP/1.1

Content-Type: application/soap+xml; charset=utf-8; action=”http://dev-amt.dev.konaminet.jp/amt/api/public/InformPublicFrame”

SOAP1.1ではSOAPActionというパラメータが作成されるが、SOAP1.2ではContent-Typeのaction属性に指定される。

 

なのでSOAP API側を実装する場合SOAPのバージョンに応じて見るヘッダのパラメータが違ってくるという面倒な仕様。

[5] yohei-y:weblog: S はシンプルの S () <http://yohei-y.blogspot.jp/2007/01/s-s.html>