504

504

[9] 状態符号 504 は、関門として動作している時に上流との接続が時間切れになったり、何らかの理由で接続しなかったりしたことを示します。

仕様書

意味

[7] 504 は、関門として動作したいる時に、 要求を完了させるためにアクセスする必要がある上流からの応答を良いタイミングで受信できなかったことを示す状態符号です >>6

[8] 仕様書で例示されている理由句は「Gateway Timeout」ですが、 タイムアウトだけではなく、キャッシュ検証に失敗、または意図的に実行しなかった場合であっても、 この状態符号を返す場合があります。

文脈

[3] 要求Cache-Control: only-if-cached が指定されていてキャッシュ蓄積された応答を持たない場合に、 504 応答を使うこととなっています >>2

[5] 蓄積された応答Cache-Control: must-revalidateCache-Control: proxy-revalidate が指定されていて検証できなかった場合に、 504 応答を使うこととなっています >>4

歴史

[10] RFC 2068・RFC 2616 (HTTP/1.1) 10.5.5 504 Gateway Timeout

The server, while acting as a gateway or proxy, did not receive a timely response from the upstream server it accessed specified by the URI (e.g. HTTP, FTP, LDAP) or some other auxiliary server (e.g. DNS) it needed to access in attempting to complete the request.

関門又は串として動作しているサーバーは、要求を完了させようとする過程で接続した接続する必要のあった、 URI により指定された (例えば HTTP, FTP, LDAP の) 又は他の補助的な (例えば DNS の) 上流サーバーから適時応答を受信することができませんでした。

Note: Note to implementors: some deployed proxies are known to return 400 or 500 when DNS lookups time out.

注意 : 実装者への注意 : 実際に使われている串の中には、 DNS 索きの時間切れの時に 400 又は 500 を返すものがあることが分かっています。

[501] RFC 7252 - The Constrained Application Protocol (CoAP) ( ( 版)) <http://tools.ietf.org/html/rfc7252#section-5.9.3.5>

メモ

[1] この状態符号は、 RFC1945 では規定されていませんでしたから、 HTTP/1.0 の実装や古い HTTP/1.1 の実装は知らないかもしれません。

[505] Status codes in HTTP ( ( 版)) <http://www.w3.org/Protocols/HTTP/HTRESP.html#z12>

[11] HTTP 504: Timeout · Bonsai () <https://docs.bonsai.io/docs/http-504>

Our global request timeout is 60 seconds. A connection that takes longer than that to process, whether being served by Elasticsearch or waiting in a connection queue, will respond with a HTTP 504 timeout error after 60 seconds.