文書実体

文書実体 (SGML)

[1]SGML/XMLSGML文書実体、 あるいはそれに対応する XML の実体。 Document entity。

性質

[2] >>1 SGML と XML で、 (XML が制限が厳しいとか色々あるものの) 本質的には違いはない。

[3] 文書実体には、文書要素 (根要素) の一部又は全部が必ず含まれているはずである。 運がよければその開始タグ及び終了タグも含まれている。 (XML ではいずれも必ず含まれる。)

[7] DOM では文書節 (Document 節) が対応します。 (厳密には文書実体ではなく文書にですが。)

[12] 文書実体は、外部解析対象実体の一種です。

文脈

[13] XML文書実体は、次の場面で使われます。

[14] XML文書実体が使われる場面
[15] XML応用も参照。

上位プロトコルにおける型識別子

[4] MIME などの媒体型としては、 SGML の場合、 application/sgml, text/sgml, 又はその特定の SGML を基にしたマーク付け言語のための媒体型 (text/html など) のいずれかを使います。 (RFC 1874 参照。)

[5] ファイル名接尾辞 (拡張子) には、 .sgml, .sgm, .xml 或いはそのマーク付け言語に使われる接尾辞 (.html など) を使います。

[6] Macintosh のファイル・システムでは、ファイル型には (plain text editor で編集されることが多いので) TEXT を使うのが普通です。

MIME 型

[8] XML文書実体MIME型は、 application/xmltext/xml か、特定の応用向けの MIME型を使うべきです >>9text/xml よりは application/xml を使うべきです >>9

[10] なぜ SHOULD なのかは謎です。
[11] 詳しくは XML MIME型の項を参照してください。