プッシュ配信

プッシュ配信

[5] プッシュ配信は、90年代後半に流行しました。

[6] 技術:

[3] 製品:

[7] この当時の「プッシュ」は、登録したサイトのコンテンツの見出し情報を (現在でいう) RSS のようなもので配信することを指していました。クライアントは必要に応じて RSS に含まれる URL にアクセスして内容を利用者に提示します。 この RSS へのアクセスをクライアントが自動的に定期的に行うことをもって 「プッシュ」と言っていました。

[8] この時代はまだごく一部の地域のごく一部の利用者のみがインターネットに常時接続できる環境にあり、大多数の人々は短時間のみダイヤルアップ接続で利用していました。
[9] プッシュ配信が流行する前から、Web巡回ソフトウェアを利用する人もよくいました。 なおアンテナが流行するのは、インターネット接続環境がもう少し改善する90年代末期頃以降です。

[4] Push Technology Products ( 版) <http://cseweb.ucsd.edu/classes/sp97/cse190/push/matts_paper.html>

[1] 1997年頃妄想されていたプッシュ技術の進歩の道筋:

  1. 既存技術の応用による Web casting
  2. 管理された Web casting
  3. マルチメディア・ストリーミング技術を融合した放送型内容配信

[2] ね? これだけでもすばらしい妄想ぶりでしょ? だけど、技術の螺旋発達模型に従えばまたこの素晴らしき妄想の世界に戻ってくることになるでしょう。 って、昨今のブロードバンド云々はもう一周してきてたのかも。