千年紀

千年紀

[12] ミレニアム祝祭年として世界的に盛大に祝われました。

ミレニアム (千年紀)

[22] 千年紀世紀の上位の単位ですが、 世紀のように時代区分に使ったり、 のように日付の記述に使ったりすることは、 それほど多くありません。 1000年もの期間を扱う必要がある場面は多くないからでしょう。

[20] 西暦1000年頃は、キリスト紀元はまだキリスト教の一部で使われる、 たくさんの紀年法のうちの1つでしかありませんでした。

[21] 西暦2000年、2001年はキリスト教にとって1000年ぶりの記念すべき年であるのはもちろん、 西暦が世界的に普及してから初めての千年紀の境界でした。

ミレニアム記念

[15] ミレニアム記念

2000年 vs 2001年

2000年問題

[6] 2000年問題参照。

標準時争い

[8] 日付変更線も参照。

[16] フィジートンガでは、夏時刻が実施されました。

[17] 目的の1つが観光だとすれば、これも広義のリゾートタイムでしょうか。
[7]

[13] Papers Past | WELCOMING THE NEW YEAR (Press, 1934-12-31) (National Library of New Zealand著, ) https://paperspast.natlib.govt.nz/newspapers/CHP19341231.2.102

kyr

[19] 1000年の期間の長さを単位 kyr で扱うことがあります。 十進時間

メモ

[1] ミレニアム - Wikipedia ( ( 版)) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%AC%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%83%A0

[2] Where on earth is millennium's first light? () https://www.irishtimes.com/news/where-on-earth-is-millennium-s-first-light-1.260639

[3] Millenium: Date Line Politics - How did the Republic of Kiribati become first? () http://www.trussel.com/kir/dateline.htm

[4] Travel: Daggers drawn in race to the millennium dawn | The Independent () http://www.independent.co.uk/travel/travel-daggers-drawn-in-race-to-the-millennium-dawn-1290847.html

[5] Travel: Daggers drawn in race to the millennium dawn | The Independent () http://www.independent.co.uk/travel/travel-daggers-drawn-in-race-to-the-millennium-dawn-1290847.html

[9] ミレニアム・ドーム - Wikipedia () https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%AC%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0

[10] 富山市 2000年体育館 () http://www.city.toyama.toyama.jp/shiminseikatsubu/supotsukenkouka/taiikukan/2000nentaikukan.html

[11] バチカンロゴマーク説明 () http://www.e-bunguya.net/ad2000logo.htm

ヴァチカン市国

西暦2000年祝祭委員会公認

オフィシャルロゴマーク

[14] 21世紀の歩き方大研究・新たなミレニアム(千年紀)を考える () http://www.ne.jp/asahi/21st/web/millennium11.htm

[23] 横書き登場 p.32

「実に一ミレニアムを隔てて弘法大師以来の」

[24] 「数え年」と「満年齢」の本当の違いを知っていますか?|NEWSポストセブン (2020.01.01 16:00 週刊ポスト ) https://www.news-postseven.com/archives/20200101_1514398.html/3

二〇一二年に太田出版から出た見田宗介と大澤真幸の師弟対談集『二千年紀の社会と思想』である。

アオリを見ると、こんなことが書かれている。

「これからの千年を人類はどう生きるべきか?」「千年の射程で人類のビジョンを示す」

そして二十一世紀の今は三千年紀なのだ。

本文中の誤用なら増刷時に訂正もできようが、書名そのものが誤用では訂正もできない。見田・大澤師弟は大恥を天下にさらしたことになる。しかし、不思議なことに、誰もこれに触れようとしない。