ヘルパーアプリケーション

ヘルパーアプリケーション (Web)

[1] 90年代には、 MIME型その他の情報によって決定され、 Webブラウザーから呼び出されて Webブラウザーが直接処理できない種類のファイルを開くネイティブアプリケーションのことをヘルパーアプリケーション (helper application) と呼んでいました。

[2] 時代的背景もあり、 URL ではなくダウンロードされたファイル名を受け取って処理するのが普通でした。

[3] 現在までこの仕組みはほとんどの Webブラウザーで実装され続けていますが、 「ヘルパーアプリケーション」との呼称はほとんど使われなくなっています。

[5] Webブラウザー閲覧文脈内で表示するものは、プラグインと呼ばれ、 ヘルパーアプリケーションとは区別されています。

[4] HTML Standard は「外部アプリケーション」という語を使っていますが、 外部アプリケーションにはプラグインとして機能するものも含まれているようです。 なお「ヘルパーアプリケーション」の語も registerContentHandler の項で (未定義で) 使われています。

[6] 処理については、取扱器を参照。