URL雛形

URL 雛形

[3] URL を生成する元となる構文を一般にURL雛形 (template) といいます。 文脈などによっていくつかの構文が存在します。一応の標準規格はいくつかありますが、プロトコルやサービスによってそれぞれ少しずつ異なる構文を採用していて、 互換性はそれほど高くないようです。

%s

[26] registerProtocolHandlerregisterContentHandler では、 URL を生成する際に %s の置換が行われます >>5

[28] この %s が含まれ得る絶対URLのことをproto-URLといいます >>27

[30] なおこの形式の値は通常の URL と同じように URLの解決が適用されます。

OpenSearch URL template

[23] OpenSearch は、OpenSearch URL template を規定しています。

URI Template

[3] URI Template 参照。

歴史

%%

[25] HTMLフォームの提出では、 data: URL を生成する際に %% の置換が行われます >>24

[29] なおこの形式の値は通常の URL と同じように URLの解決が適用されます。

[77] Web Forms 2.0 で導入され、 HTML5 にも引き継がれましたが、 実装されず用途も乏しいとしてに削除されました。

その他

[31] >>10XML によって雛形を記述する言語です。

[12] Web Service Definition Language (WSDL) (2001-03-15 07:14:12 +09:00 版) <http://www.w3.org/TR/2001/NOTE-wsdl-20010315#_http:urlReplacement>

[15] Web Services Description Language (WSDL) Version 2.0 Part 2: Adjuncts (2007-06-23 05:33:39 +09:00 版) <http://www.w3.org/TR/2007/REC-wsdl20-adjuncts-20070626/#_http_operation_location_cited_ser>

[13] InterWikiテクニカル - InterWikiNameの記述方法など (2007-02-04 18:22:17 +09:00 版) <http://www.hyuki.com/yukiwiki/wiki.cgi?InterWiki%a5%c6%a5%af%a5%cb%a5%ab%a5%eb>

[72] Opera: Opera Link API Beta (Frank M. Palinkas, Technical Writer 著, 版) <http://www.opera.com/docs/apis/linkrest/>

uri: Search result URI; the formatting operator %s will be replaced by the search terms [Required]

[74] OpenService Format Specification for Accelerators - Version 0.8 ( 版) <https://msdn.microsoft.com/en-us/library/cc304163(v=vs.85).aspx>

All variables are treated as required unless it the modifier "?". An optional variable that cannot be resolved is treated as an empty string for an inline parameterized URL. In a form-based parameterized URL the entire parameter element is ignored.

Example of an optional variable in an inline parameterized URL:

<execute action="http://encarta.msn.com/encnet/refpages/search.aspx?q={selection?}" />

[75] OpenService Format Specification for Accelerators - Version 0.8 ( 版) <https://msdn.microsoft.com/en-us/library/cc304163(v=vs.85).aspx>

Escape Character

To specify { and } literally, escape them with a backslash \. Backslash can be used to escape any character.

\{{selection}\}